2017年05月01日

機械式腕時計製造企業 - 杭州手表廠

機械式腕時計製造企業のホームページを紹介します。
簡単ですが、一部日本語に訳して企業の歴史等を掲載します。

杭州手表有限公司(旧 杭州手表廠)
http://www.hzwatch.com.cn/
「友誼」牌「西湖」牌等を製造していた、浙江省杭州市の時計企業です。
杭州(こうしゅう)は日本語で広州と読みが同じため「くいしゅう」と言う場合があります。

ホームページによると、
杭州手表廠は1972年に創立。
1993年に民営化、2000年から杭州手表有限公司となったようです。

現在はトゥールビヨン時計ムーブメント等、精巧な時計部品も製造しています。
posted by kura at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計情報

2017年03月27日

腕時計タグ - GUIHUA(桂花)牌 01

「桂花」牌(ブランド)腕時計購入時に付属していたタグです。
タグデザインや色使いが昔の中国らしくて気に入っています。

guihua01tag_01.jpg
…桂花牌…
R
GUIHUA(桂花)
guihua01tag_02.jpg
合格証
桂花牌ZNN-A型腕時計は全国統一機芯全鋼17石、
防振、防水、防磁、快適な(?)腕時計。
ゼンマイを巻き上げ、24時間内の日差は30秒以内。
稼働時間は36時間以上。
検:
出廠日期:96・4
生産許可証:
XK16-013 0029
住所:南寧市園湖南路18号
南寧市手表廠

1996年頃、機械式腕時計はショーケースで本体のみ売られていました。
同じ時計が幾つか並んでおり、ネジを巻いたり時針を動かしたり、
動きがスムーズな物を選んで買っていました。
お好みのバンドを別売りで購入することも出来ます。
南寧市で「桂花」牌腕時計を購入時、こんな形で袋にいれてもらえました。
guihua01tag_03.jpg
posted by kura at 04:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計情報

2017年03月17日

機械式腕時計製造企業 - 南寧市手表廠

機械式腕時計製造企業のホームページを紹介します。
簡単ですが、一部日本語に訳して企業の歴史等を掲載します。

南寧市手表廠
http://www.nnsbc.cn/
「桂花」牌(ブランド)腕時計を製造している広西チワン族自治区南寧市の企業です。
南寧市は私が中国機械腕時計に出会った思い出深い街です。

ホームページによると、
1970年創立、中国西部地区で最大の専業腕時計企業。
自社ブランド「桂花」腕時計の生産もしつつ、カレンダームーブメント等パーツも供給しています。
製品は中国国内に限らず、香港や欧州にも輸出されているよう。
2008年に「南寧市納税信用企業A級」を獲得する等、多くの企業賞を受賞しています。
「桂花」ブランドの石英表(クォーツ時計)のムーブメントは日本からの輸入品を使っているそうです。
posted by kura at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計情報

2017年01月04日

機械式腕時計製造企業 - 遼寧手表廠

機械式腕時計製造企業のホームページを紹介します。
簡単ですが、一部日本語に訳して企業の歴史等を掲載します。

遼寧孔雀表業有限公司(旧 遼寧手表廠)
http://www.peacockwatch.net/
「孔雀」牌(ブランド)腕時計を製造している遼寧省丹東市の企業です。
遼寧手表廠時代には「万年春」牌「赤旗」牌腕時計等も製造していた事を確認しています。
1950年代の創立時は、旧ソ連から技術導入をしていたようです。

ホームページによると、
1957年創立、1950年代には「前進」牌腕時計、1960年代は「遼寧」牌腕時計を製造。
1980年代から代表ブランド「孔雀」牌腕時計を製造しています。
近年はスイスの時計製造技術を導入し、自己開発の同軸二重トゥールビヨンの半中空デザインの腕時計を製造。
その時計は、中国の時計デザインコンテストで受賞しました。
スイスや台湾の時計企業と協力関係にあるようです。
posted by kura at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計情報

2016年10月31日

機械式腕時計製造企業 - 北京手表廠

機械式腕時計製造企業のホームページを紹介します。
簡単ですが、一部日本語に訳して企業の歴史等を掲載します。

北京手表廠有限公司(旧 北京手表廠)
http://www.bjwaf.com/
「北京(天安門図案)」牌「双菱(DOUBLE RHOMR)」牌「双城」牌、等々。
多数の腕時計を製造している首都、北京市の企業です。

ホームページによると、
北京手表廠は1958年に創立。
北京工業学院(現北京理工大学)内に工場設立事務所が作られ、
民間企業と北京工業学院が協力して腕時計の研究開発が進められました。
1958年9月に1型の「北京」牌(ブランド)の腕時計が発表されました。

現在は多数の技術者を招聘し、中国最高級の腕時計作りを目指しているそうです。
posted by kura at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計情報